歴史・文化

歴史・文化

富海は古くから陸・海ともに交通の拠点、要所として栄えて来ました。幕末には富海の海から維新志士が活躍するなど多くの歴史が今に残されています。それらを伝承していくために史談会も積極的に活動をされています。伝統文化においては「藍染」の文化が広がり遠くからもその文化を継承するため若い世代が集まってくるキッカケとなっています。世界にジャパンブルーを発信しています!

草衣(そうい)

原料からこだわる新星藍染め工房

防府市地域おこし協力隊として富海に着任し2018年藍染工房「草衣」(そうい)をオープンしました。藍染は原料からこだわって自分で作ることを大切にしています。工房では主にお洋服や生地、糸などの染め直しのご依頼の受付や藍染製品の販売をしています。素材は綿、麻(リネン)、レーヨン、絹、ウールなど3000円くらいから承っていますのでお気軽にご連絡ください。

草衣(そうい)

草衣(そうい)

080-5480-6264
防府市富海2666番地
木・金(10:00~17:00)
  土(9:00~17:00)/不定休
富海駅より徒歩12分

手作りだからこそ出来上がりが
変わるのが魅力です


地域おこし協力隊

伝統文化 藍の6次化

防府市地域おこし協力隊に応募し防府へ参りました、高橋です。いまの私の仕事は伝統文化である「藍染」その藍の6次化に向けて原料となる「藍」や染料の原料となる「すくも」などの栽培なども行なっています。もちろん実際に藍染もしていますよ。全国的に見て地域おこし協力隊の募集要綱はサービス業や一次産業が多く伝統文化の継承というのは非常に珍しいんです。実際に来て見て気候風土もよく海も山もあり自然が綺麗で癒されています。

地域おこし協力隊 高橋一正さん

地域おこし協力隊

自然に囲まれながら
伝統文化を継承しています


富海史談会事務局

富海の歴史を後世に

美味しいみかんをつくるのには「適度なストレス」が必要なんです!人間と一緒ですよね?かけすぎも良くないですが(笑)具体的には防水シートなどを使ってみかんの木が水を吸収するのを防いだりするんです。みかんも今年作った木は来年は休ませるんです。そこまでこだわる事で防府市内でも一番発色もよく美味しいみかんが作れるんです。本当につくるのは大変ですが味は間違いありません。食べたらきっとビックリすると思います!

富海史談会事務局

富海史談会事務局(富海公民館)

0835-34-0034
防府市富海1203-1
富海駅より徒歩11分

至るところで歴史を
感じることができます!


琴音の風

伝統文化 藍の6次化

防府市地域おこし協力隊に応募し防府へ参りました、高橋です。いまの私の仕事は伝統文化である「藍染」その藍の6次化に向けて原料となる「藍」や染料の原料となる「すくも」などの栽培なども行なっています。もちろん実際に藍染もしていますよ。全国的に見て地域おこし協力隊の募集要綱はサービス業や一次産業が多く伝統文化の継承というのは非常に珍しいんです。実際に来て見て気候風土もよく海も山もあり自然が綺麗で癒されています。

琴音の滝 橋本守さん

0835-34-0034
防府市富海1203-1
富海駅より徒歩11分

琴音の風

子どもたちと行う交流は
私たちも楽しみです